眉がきれいに書けない③

横顔は意外にみられています。

見られるポイント
①眉尻
②口元のたるみ
③生え際
④歯の並び

横顔がきれいに見えたいですね。

「眉毛が上手に書けない⓶」
で眉頭について書きましたが
眉尻も重要なポイントですが
理想的な眉尻だといいのですが
そうでないと
余った不規則な眉尻で
なかなかもったりします。

誤って剃るとなかなか生えてこない場所なので
困ったもんです。

うまくそれないときは
コンシラーを薄く上下に使っています。

こうすることで
テンプレートで書いたような眉尻が出来ます。

眉毛がうまく書けない②

細ーい眉や弓のような眉は

今人気でないのです。

でもそのように眉を整えたほうが

眉自体はきれいに見えますが

目と眉毛の間が広くなり

年齢を感じさせてしまいます。

また瞼もたるんでくるので

余計違和感を感じてしまいます。

ではどのような眉が若く見えるかと

いうと。

眉と目の間が狭く、眉がふさふさしている。

自然な感じ。

眉頭を濃く書きすぎず、ぼかす。

眉の長さも似合う似合わないが

あります。

正面から見ただけでは

完結しません。

横顔が大切です。

プロだといこの1本の眉が気になる

ということだと思いますが

そこまではいかなくても

ちょっとのことで
スタイルが崩れ
もたっとした印象になります。

すごく時間をかけているのに
ナチュラルな眉が若く見える眉だと思います。

欧米人のような眉は
彫が深いからこそ似合う。
もしこのような眉にした場合は
目元のメイクもおもいっきりする必要が
あります。

眉頭もしっかりと毛が立ち上がっていますね。

日本の女性の多くは眉間から鼻が出ることは、
少なく、ここが特に欧米人と異なるところ。

眉頭を直角でなく、斜めに書くことに

より鼻筋もとおって見えるようです。

眉毛がうまく書けない①

眉毛がうまく書けない。

顔の印象がかなり違います。

以前は何度か眉サロンにも

通い、いろいろなところでも

習いました。

でも、知らないうちに自己流が

お客様の眉はかけても

自分の眉は難しいです。

筋肉が右だけ発達しており、

上に上にと眉が上がります。

特にこのところうまく書けない

と思っていましたが

理由は、マスク生活になり

ほぼファンデーションがついて

なかったことです。

眉ペンシルはファンデーションが

のっていないとうまく書くことが

出来ないです。

マスク時代になってもファンデーション

は必要ですね。

眉の書き方については

次にお知らせ致します。

コーヒーのカビ

コーヒーは数えるほどしか飲まないのですが

豆にカビがついているので

手分けして捨てているコーヒー屋さんと

そうでない方がいるようです。

それを聞いて本当に驚きました。

船で暑い中揺られてくるので

カビ問題はあるかもしれないので

手分けしているコーヒー屋さんをWEB

サイトで見つけて購入してみました。

おいしいようでしたら

ご紹介しますね。

ヴェリマ商品他、船だと日にちがかかり

品質が心配なので、空輸をしております。